家でペットを飼う人は年々増えています。
今回は猫の食事の与え方を、年齢別にまとめてみました。

産まれたばかりの子猫の場合

産まれたばかりの子猫の食事は母乳、もしくはミルクになります。
母猫がしっかりと母乳を飲ませることが出来るに越したことはありませんが、育児放棄をしてしまったり子猫を保護した場合は母猫の代わりにミルクを与える必要があります。
ミルクと聞くとすぐに手に入る牛乳をイメージすることもあるかも知れませんが、牛乳には猫が消化しにくい成分が含まれているものもあり、下痢を起こしてしまう危険性がありますので子猫用ミルクを与えましょう。
ミルクを必要とする小さな子猫は週齢や体重等によって必要なエネルギーが変わるので、調整可能な粉ミルクがおすすめです。
正しいあげ方は、このようにあおむけではなくて、うつぶせにして、お腹を床につけてあげる方法です。

ほとんどの人があおむけにしてミルクを飲ませていますが、これでは子猫がミルクを喉にひっかけてゴホゴホしてしまいます。

ミルクが肺に入ってしまう可能性もあるので、お腹はできるだけ下向きにさせましょう。
一日に必要なミルクの量は説明書にも載っていますがあくまで目安ですので、獣医と相談してミルクの適量を決めるのが良いです。

生後4週間を過ぎた頃から離乳食を視野に入れる

生後4週間を過ぎたあたりの子猫から、母乳やミルク以外の食事が摂れるようになります。
しかし発達の具合によってはまだ離乳食が早い場合もありますので、歯が生え始めていることや自分の力で排泄ができるようになった事を目安に離乳食を始めていきましょう。

生後6週間目位までは子猫用キャットフードのウェットタイプや、ドライフードをお湯で柔らかくして人肌程度に冷ましたものを与えます。
子猫の頃は大人の猫と必要な栄養素やカロリーが少し異なりますし消化機能も万全ではないので、子猫用や離乳食と書かれているキャットフードを選んでください。

離乳食の与え方

最初は母乳やミルクと一緒に離乳食を与え、徐々に離乳食だけの食事に切り替えていくようにします。
子猫の内はまだまだ体が小さく一度にたくさんの食事を摂ることは出来ませんので、ミルクを飲んでいる量も計算に入れて、1日に必要な量を3回~5回に分けて与えましょう。

1歳を過ぎて成猫になったら

成猫になったら必要な栄養素がバランスよく配合された総合栄養食を中心に与えましょう。
この時の食事の切り替えも、1~2週間ほどかけて今まで食べていた食事に新しい食事を徐々に混ぜていきます。
回数は1日に朝晩の2回が基本です。
また、ドライフードには水分がほとんどありませんので飲み水を用意する必要があります。
飲み水の中に猫の唾液や食事のかけらが混ざると菌が繁殖し衛生的ではありませんので、こまめに取り換えていつでも新鮮なお水を飲めるようにしてあげて下さい。

7歳を過ぎた頃からシニアフードに切り替えよう

1日に必要なエネルギー量は、維持期(成猫期)に比べて高齢期では約20%くらい低下すると言われているので、摂取カロリーを抑える必要があります。しかし、食欲はさほど落ちるわけではないので、ただ量を減らすのではなく、高齢猫の体の状態に合った低カロリーの食事内容に切り替えます。
7歳を過ぎると徐々に猫にも老化現象が現れだします。
噛んだり飲み込んだりするのにも時間が掛かったり消化機能の衰えなども見られますので、1日2回だった食事の回数も場合によっては1回に食べる量を減らし、小分けにして回数を増やすのも良いでしょう。
でも、ずっと食べっぱなしにならないように気をつけて見てあげてください。