日焼け対策はバッチリと!

夏になると、紫外線が増えて日焼けしやすくなる!と、よく聞きます。
夏はきちんと対策をして、肌のケアを行いたい。
しかし、自転車通勤するときはどうしても肌の露出が避けられません。
そこで、自転車に乗っていても可能な日焼け対策をご紹介いたします!
体の外側からの対策はもちろんバッチリと、
体の内側からも取り入れられる対策方法もご紹介!

対策方法

日焼け止めクリーム

顔用日焼け止めは、日焼け止めとしての役割を果たすことが目的ではありますが、保湿成分が配合された日焼け止めは、肌の乾燥を防ぎ、快適に使うことが期待できます。
一番王道ではありますが、大切ですよね。
保湿成分に関しても日焼け止めで乾燥しては、肌荒れにもつながります。
こちらに関してもしっかりとチェックしておきましょう。

帽子

色が濃いものほど紫外線を通しにくいということが言えます。
ですから、紫外線対策として有効な色というならば黒色ということになります。
帽子の色によっても紫外線の量が変わるのは驚きですよね。
もちろん、UVカット効果のある帽子も日焼け対策としてはおすすめです☆

アームカバー

手首から二の腕あたりまでをカバーするものです。
女性用などでは、もう少し長く手の甲辺りまでカバーする商品もありますね。
主に3つの役割があり、①日焼け・紫外線対策、②防寒、③筋肉の揺れ防止の機能を有しています。
ランニングにも使用されますが、自転車を乗るときにも使えます。
日焼け効果はもちろんですが、筋肉の揺れ防止にも役立つのはとてもいい利点です。

フェイスガード・ネックガード

うっかり日焼けしがちな首元を守ってくれるお役立ちアイテム。
道路の照り返しで焼けやすい顎下もこれでばっちり。
汗の不快感も軽減してくれ、ヘルメットへの汚れ移りも防いでくれます。
首元まで日焼け止めが塗りにくかったり、後ろ側は塗りずらいという点も解消されます。
首元は、皮膚自体も薄いですし、年齢が出やすい場所です。
自転車では傘がさせないので、後ろ側のケアもしっかりと行いましょう!

体の内側から対策を。

トマト

ビタミンC が多く、美白に効果のある食べ物として挙げられるのがトマトです。
トマトの旬も夏といわれているので、旬のものがいいのかもしれません。
サラダや煮込み料理にも使える野菜なので、簡単に取り入れることが出来ます。

リンゴ

最近の研究で、その中のひとつに天然の「日焼け止め効果」があることがわかっています。
天然の日焼け止め効果があるのは、とても素晴らしいですよね。
夏の紫外線対策にも応用しましょう。サラダや、お菓子としても楽しめます。

ローズヒップティー

ローズヒップには強力な抗酸化力があるポリフェノールであるリコピンがトマトの7倍含まれています。
これだけのUVケア系栄養素を満たしているローズヒップならこれ1つで全て取れるので、夏に欠かすことのできないアイテムです
リラックス効果もある紅茶ですから、お出かけ前の一息にも。
自転車の運転に疲れた時などにも活躍してくれます。

ソラレンに注意!

ソラレンは、紫外線に対する感受性を高め、紫外線を吸収しやすくする作用があるため、ソラレンを含むものを食べてから外出して紫外線を浴びてしまうと、肌にかゆみや赤み、シミ、色素沈着を引き起こす可能性があるのです。
自転車では傘がさせないので、しっかりと対策を行うことが大切です。
ですから、内側からの対策には十分気をつけましょう。
これら柑橘類やキウイやパセリなどビタミンCの多い食べ物は、
夜に食べると紫外線で傷ついた細胞の修復に使われ、
カルシウムやコラーゲンの生成に必要な栄養素となります。
柑橘系などは食べる時間帯に注意しましょう。
紫外線・日焼けで肌が荒れてしまったときに夜の修復として、体の内側からケアをしていきましょう。

最後に

体の外側からの、対策は目に見えているのでしやすいですが、
内側からのケアはなかなか気が付かないものです。
しかし、栄養素などを知ることで、紫外線対策・肌荒れのケアになります。
そして、自転車での運動で、美ボディを作り上げていきましょう!