◆猫のハンスト?

猫は食事のこだわりに関してかなり頑固です。栄養的に完璧なエサでも、口に合わないときは長い間拒絶し、中には、餓死を選ぶものもいると言います(Kane, 1987)。人間で言うと「ハンスト」と言った所でしょうか。
まずは、体調不良なのか他の原因なのかをよく観察してみましょう。

【体調不良の場合】
・下痢
・嘔吐
・尿の量が少ない
・尿の色がおかしい
・口臭がする
・触ると痛がる
・喧嘩した痕跡がある

【体調不良以外の場合】
・好物なのに食べない
・何度もトレーに近寄るのに食べない
・食事中の飼い主に興味を示さない

原因が分からないまま24時間を経過したら危険シグナル!
すぐに獣医のアドバイスを仰ぎましょう。

◆口内炎や虫歯

人間と同じように、口の中に口内炎や虫歯があって、痛くて食べられない可能性があります。
怪我や病気の兆候は、必ずしも目に見えるとは限りません。
特に、口内炎や虫歯の場合は、中々気づいてあげられないものです。
あらゆる手を尽くしても食欲が改善されない場合は、動物病院へ。

◆環境が変わった!

猫は神経質でデリケートな生き物です。いつもの家の環境がちょっとでも変わると、食欲にも影響します。
環境の変化と言って、引っ越しに限った事ではありません。
模様替えをした、友人が泊まりに来た、そんな些細な事でも食事に影響してしまうんです。
特に注意してあげたいのが、家族構成が変わった時や、新しい猫を家族として迎え入れた時!
先住猫には、いつもより長めにスキンシップの時間をとってあげましょう。

新しい環境に慣れるまでは、規則正しいリズムが大切です。
たとえ食べてくれなくても、決まった場所&決まった時間にエサを用意してあげてくださいね。

◆容器が変わった!

うちの猫はそろそろ5年も使っていた容器が欠けたので、ぴかぴかの茶碗に容器を変更した時ご飯を食べなくなったことがあります。
猫はとってもデリケート。
食器の違いにも敏感です。
特に、食べる時にヒゲが触れる部分にはこだわりを感じるんだとか。
食器を変更する時は、使っていた物と同じくらいの深さの物を選びましょう。
また、陶器からステンレスに変えるなど、素材の変化にも注意が必要です。

古い食器が残っている場合は元に戻してあげて、もし捨ててしまった場合は
似たようなタイプに買い替えてあげましょう。

◆ストレス

嫌なことがあったり、怒られたり、また運動不足などでストレスが溜まり、一時的に食欲がなくなることがあります。
人間と同じで、ストレスを改善するにはリフレッシュが効果的です。
ブラッシングやお気に入りのおもちゃで、リラックスタイムを設けましょう。

◆繁殖期

猫が繁殖期に入っている場合、異性への興味が強すぎて食欲が減退することがあります。
繁殖期に食欲が減退するのは、正常な変化です。
全ての欲求が性欲に集中してしまうので、睡眠時間が短くなる事も少なくありません。
この場合、避妊手術や去勢手術で改善が見込めます。
ちなみに、メス猫の場合は妊娠初期に食欲が低下します。

◆エサの味に飽きた!

たとえ完全栄養食であっても、一種類のフードを長期間与え続けると、他のフードを好む一時的な「浮気心」が出現することがあります。これは子犬、子猫、ペットを含む成猫、成犬の全てにおいて証明されている普遍的な現象です
あんなに好きだった〇〇味なのに、突然食べてくれなくなった…なんてケースも少なくありません。
そんな時は、思い切って別の味に切り替えてみましょう。

また、食感に変化を与えるのも効果的です。
ドライフードからウェットタイプに切り替えるだけであっさり食べてくれるようになった!
というケースもあるのです。

◆新しいエサが気にくわない!

猫は非常に舌が敏感で、生後6か月までに食べた物しか食べないとされています。
これは「ネオフォビア」という現象で、猫は新しいものに敏感で、強い拒否反応を示す現象です。
人間と同じように、猫にも食わず嫌いがあります。
特に、産まれてから同じタイプの食事しか口にしていない場合、
新しい食べ物に拒否反応を起こしてしまうことも。
一度「不味い」と判断した物には、見向きもしてくれません。
こんな場合は、元のエサに戻してあげるのが最良の対処法です!