ミニチュアシュナウザーにNGな食べ物

ミニチュアシュナウザーにNGな食べ物は主に他の犬種と同様です。
賛否両論あるものを含めれば非常にたくさん挙げられるのですが、代表的なものは以下の情報が参考になります。
ミニチュア・シュナウザーに与えてはいけない食べ物と飲み物

ミニチュア・シュナウザーに限らず、犬であればすべての犬種に言えることなので、よく覚えておきましょう。

タマネギ、ニンニク、ニラ、香辛料、チョコレート、甲殻類、ナッツ類、レーズン、生の肉、お刺身、乳製品、塩辛いもの。

これらはすべて犬には与えてはいけないとされているものです。

与えてはいけないとされている以上、口にしたら何らかのリスクを伴う事も覚えておきましょう。

下痢をするだけでも、犬が苦しく辛い思いをします。

最悪の場合には、中毒を起こして死んでしまう事もあります。

鯛などの硬い骨付きの魚、骨付きの鶏肉など他にもまだまだあります。

犬のあごは噛む力が強いのですが、硬い魚の骨は喉や食道に刺さる危険があります。

鶏の骨は裂けた時、縦に鋭く裂けるので、これも刺さって危険だからです。

お肉を与える時には、骨のついていない、加熱したものをあげるようにしましょう。

基本的に犬に与える場合には、犬専用の物を選びましょう。

牛乳も与えてはいけないとされていますね。

子犬のころから飲んでいればお腹も壊さず大丈夫な場合もありますが、これも犬によって体質に差があるので、無理に与えることはないと思います。

炭酸飲料やアルコール類も与えてはいけません。

コーヒーなどのカフェインの多いもの、缶ジュースや缶コーヒーのように糖分の高いものも飲ませてはいけません。

基本的に犬には犬用に作られたものを与えましょう。
覚えておかなければなりませんね。

玉ネギについて

ミニチュアシュナウザーに限らず全ての犬種にNGな食べ物の代表的なものに玉ネギがあります。
玉ネギは人間にとっては人気の食べ物で、炒めると風味が増し煮込むと味付けが出来るなど調理の幅が広がるので、よく使われています。
しかし、ミニチュアシュナウザーを始め全ての犬種にとっては玉ネギは健康を害するものなので与えないようにしましょう。
ドッグフードには含まれていないと安心出来ますが、人間用の食事にはよく使われているので注意します。

他のネギ類も

他のネギ類も与えてはいけないものとされています。
玉ネギに比べ、人間の食事においてはそれほど使用されていないですが、鍋物やラーメンなどの煮汁を与えてしまうことがないように注意します。
煮汁は犬が好み食が進むものの、ネギ類の使用や塩分が多いなど体によくないものが多いので、基本的には与えないようにしましょう。

香辛料

香辛料も人間に人気で、犬も好み、食が進むものではありますが、内臓などに負担を与えるので基本的には与えないようにします。
香辛料の中には犬がやみつきになるほど好むものがありますので、全く与えないように注意します。
置き場所や保管方法も工夫し、犬が容易に口にしない所に置いたり匂いが漏れたりしないよう工夫します。

バレンタインデーでもチョコはダメ

ミニチュアシュナウザーをはじめ、全ての犬種にチョコレートは与えてはいけないとされています。
バレンタインデーともなると可愛い愛犬にもチョコレートをプレゼントしたくなりますが、健康の為に与えないようにしましょう。

ミニチュアシュナウザーの特徴に応じた食事中の注意

ミニチュアシュナウザーは顔に長い毛を蓄えるスタイルが特徴です。
食事の際はその毛に配慮する必要があります。
食事が付着することで皮膚病などに陥ることを防ぎましょう。
その為には顔の毛を伸ばさないスタイルにしたり、食事の後はまめに顔をふいたりするなどの方法があります。

ミニチュアシュナウザーの掛かりやすい病気に応じた食事も

ミニチュアシュナウザーのかかりやすい病気に応じた食事も考えたいものです。
かかりやすい病気は主に白内障と尿石症で、白内障は加齢や糖尿病によるもの、尿石症はシュウ酸カルシウムによるものが多いとされています。
白内障は抗酸化作用のあるビタミンEが含まれている食品が良いとされています。
尿石症の予防はマグネシウムやリンの摂取を制限することや水分の適量摂取などが挙げられます。
尿石症はミニチュアシュナウザーにとって好発疾患ですので、特に注意しましょう。
食事が原因で病気を発症することのないように、人間同様、バランスの良い食事を心がけましょう。