ペット保険を契約する必要があるのか?誤解される理由とペット保険の必要性

1.ペット保険を契約する必要があるのか?

ペット保険は1年契約の掛け捨てタイプが多く、ペットが健康に過ごしているとペット保険を契約する必要があるのか?と感じることもあるかもしれません。

しかし、ペットは加齢とともに病気やケガのリスクが高くなり、長期化する治療も増えるため、ある時を境に保険の利用が急増するケースも少なくありません。

ペットが歳を重ねるにつれて、保険の良さを実感する機会は増えていきます。生涯ペットと安心して暮らすために、ペット保険は欠かせないものになるはずです。

2.ペット保険を契約する必要があるのか?と思われる理由

ペット保険を契約する必要があるのか?と思われる主な理由は、「掛け捨てがもったいない」「自己資金でまかなえる」といったことが挙げられます。

この2つの理由について詳しく見ていきましょう。

理由①.掛け捨てである

ペット保険は1年契約の掛け捨てが基本となっているため、ペットが病気やケガもなく健康に過ごしていると、損をしたと感じることもあるでしょう。

しかし、人の保険などで積立て型と掛け捨て型を比較した場合、掛け捨て型は保険料が安くなる傾向にあり、返戻金などがなくとも一概に損をしているとは言い難いはずです。

大半が掛け捨てであるペット保険では、積立て型との比較はできませんが、掛け捨てがデメリットとは限らないことが分かります。

理由②.自己資金でどうにかなる

自己資金でカバーできる程度の医療費が続いていると、ペット保険の必要性に疑問を感じる方もいることでしょう。

ペット保険は、長い通院や手術など多額の費用が必要になったときに大きな助けになります。長寿化社会のペットの将来を考えて、ペットが若くて健康な時に保険に加入しておくと安心です。

3.ペット保険の上手な利用法

前章では、ペット保険を損だと感じる理由についてご説明しましたが、ここからはペット保険の活用方法をご紹介します。

利用法①.付帯サービスを活用する

ペット保険には病気やケガの補償だけでなく、さまざまな付帯サービスがついているものがあります。

例えば、ペットの健康やしつけなどについて獣医師に電話相談できるサービスや、近くの動物病院を検索できる無料アプリなどが挙げられます。

こうしたサービスは、かかりつけ病院の休診日や旅先でペットの体調が悪くなったときなどに、大きな安心を与えてくれるでしょう。

付帯サービスは、各保険会社によってその内容が異なりますが、ペットの健康に関するものが多く、上手に活用することで医療費の補償以外でもペットとの生活を助けてくれます。

利用法②.ライフスタイルに合ったプランを利用する

ペットが高齢になり今のプランでは不安、保険料の負担を減らしたい、なんとなくプランを選んでしまったなど、ペット保険はペットの健康状態やご家庭の状況に合わせて見直すことも大切です。

例えば、「通院・入院・手術」の全てを補償範囲としている、医療費の補償割合(保険金支払割合)を最も大きいものにしているなど、充実した補償内容を選んだ方は保険料の負担が年々大きくなる傾向にあります。

一方で、負担を軽くするため最低限のプランにしていたが、ペットが高齢になってきたので手厚いプランにしたいというケースもあるかもしれません。

日頃のケアを大切にして補償内容を最小限にする、ペットが高齢になったため補償内容が充実したプランに変更するなど、ペットのライフスタイルの変化にあわせて、将来を見据えた保険プランを選ぶことが大切です。

4.ペット保険の必要性

日本動物高度医療センターによると、2016年時点でのペット保険加入率は4%であり、ペット先進国であるイギリスの10分の1程度です。

貯金がある、健康に気を使っている、ずっと元気に過ごしてきたという理由でペット保険に加入しない方も多くいます。

しかし、病気やケガで通院回数が多くなると、医療費が想像以上に膨らむケースもあります。

近年はペットの長寿化により、重篤な病気や大きなケガをするペットが多くなり、高度な医療が必要となるケースも増えています。

内視鏡やヘルニアの手術など、複雑な手術については数十万円から百万円単位の手術費が必要になることもあり、飼い主の自己負担額は決して軽いものではありません。※

人間社会と同じようにペットの高齢化は医療費を膨らませており、ペット保険の必要性は増しています。

※国民生活センター「最近のペット事情」 http://www.kokusen.go.jp/wko/pdf/wko-201706_01.pdf

5.まとめ

これまでペットが健康で保険を使う機会がなかった、高額な医療費も必要なかったという方は、ペット保険は必要ないと感じることもあるかもしれません。

しかし、ペットの高齢化による病気やケガのリスクが増え、ペットの医療費は増加傾向にあるのです。

ペットが生涯、安心して暮らせる環境をイメージして、ペット保険について考えることが大切です。