自転車通勤の必需品・マストアイテム

通勤用自転車を購入するときに一緒にそろえておきたいのが、ヘルメットやグローブなどのアイテムです。自転車通勤時の転倒や自動車との接触といった、自転車事故での万が一のケガやアクシデントから体を守ってくれるので、自転車通勤の必需品と言っていいでしょう。

ヘルメット

頭部を保護するヘルメットを選ぶポイントで最も重要なのは、頭にジャストフィットすること。最新モデルのヘルメットはどの製品も、サイズ調整機能が備えられています。近頃のヘルメットは従来のヘルメットよりも軽量で、通気性も優れています。こうした機能面だけでなく、デザイン面もカッコいいモデルが豊富です。通勤用としてスポーツ用自転車に乗るときには、安全のため必ずヘルメットを着用しましょう。
メット・インフェルノ ウルトラライト
問合せ:インターマックス

自転車用グローブ・ロードバイクグローブ

サイクリンググローブ・ロードバイクグローブを着用していると、長時間自転車のハンドルを握っていても手が痛くなりにくいので快適な自転車通勤ができます。操作性をサポートして走りに集中できるメリットもあります。また、もしも自転車通勤での走行中に自転車が転倒してしまっても、ケガを最小限に防いでくれる可能性があります。手のひらの擦過傷(すり傷)や打撲は、仕事や日常生活に支障をきたしてしまうため、万が一のケガのリスクに備えて必ず着用したいアイテムです。
カステリ・S.ロッソコルサグローブ
問合せ:インターマックス

自転車用ライト・LED

夜間の自転車走行時には、都道府県の条例によって安全のため自転車の前後にライト等をつけることが求められています。最新モデルの自転車用ライトはさまざまあり、LEDなど省エネルギーで大光量のもの、太陽光(ソーラーライト)やUSBケーブルで充電できる電池切れに備えたものや防水タイプのライトもあります。お住まいの地域の自転車に関する条例を確認のうえ、適合したライトを購入しましょう。
オウルアイ・ヘッドライト/ナノソーラーライト
オウルアイ・ヘッドライト/ナノソーラーライト
ナノソーラーライト(リヤ用)
問合せ:ライトウェイプロダクツジャパン

盗難防止用ロック・チェーン

通勤用自転車を盗難から守るためのカギです。ロックはワイヤ式の軽量モデルから、頑丈な金属プレート式のものまで様々あります。また、ロックの解錠はキーで行うタイプや暗証番号で施錠・解錠を行うダイヤル式のものがあります。大切な自転車の盗難リスクに備えるため、使い勝手の良いロックを用意しましょう。
BBB・パワーセーブ(キー式)
マイクロセーフ(ダイヤル式)
問合せ:ライトウェイプロダクツジャパン

自転車通勤の快適性をアップするためにおすすめの服装とアイテム

快適な自転車ライドをサポートしてくれる服装やファッションアイテム・パーツをそろえることで、自転車通勤が楽しくなります。

サイクリングウエア

サイクリングウェアは吸汗速乾性があり、乗車姿勢にマッチする自転車専用ウエアです。最近では通常の服装と変わらないような、カジュアルタイプのデザインのサイクリングウェアも販売されています。自転車通勤の快適性をサポートするよう、パンツにはサドルに腰かける部分にパッドが装備されています。パッド付きのインナーパンツもあって、普段着の下に着用できるので便利です。
パールイズミ・フリージー スリークウォーターライト(7分丈パンツ)
3Dメッシュインナーパンツ
問合せ:パールイズミ

自転車通勤用リュック・バッグ類

自転車通勤をはじめ、自転車に乗って荷物を持ち運ぶときには自転車専用のリュック(バックパック)・バッグ類がおすすめです。快適さを保つ機能として、背中とリュックの間に空気が流れる構造のものもあり、汗で背中にはりつかないように工夫されています。写真は専用キャリアで自転車の前後に装備できるタイプの自転車用バッグ。もちろん自転車に取り付けないときには通常のショルダーバッグになります。走行中に荷物が落下しにくい自転車用リュック、メッセンジャーバッグは様々なタイプが販売されていますので、日常の荷物の量やデザインに合わせて選ぶのもおすすめです。
バジル・フォレストローライダー
問合せ:ライトウェイプロダクツジャパン

雨の日用の自転車レインウェア

自転車用レインウェアは、急な雨天に備えて常備しておきたいアイテムです。比較的高価な完全防水タイプのレインウェアもありますが、雨が降ったら自転車通勤をしないというかたには走行中の不意の雨対策として軽量のウインドブレーカーがおすすめです。
パールイズミ・レインジャケット/レインパンツ
問合せ:パールイズミ

自転車に泥よけを付けるとさらに便利に

自転車通勤で走行する路面が濡れていても、車輪が巻きあげる泥を防いでくれるのがマッドガードと呼ばれる泥よけです。通勤用に購入した自転車に装備されていなくても、フレームにマッドガードアイと呼ばれるねじ穴がついていれば、あとから泥よけパーツを装着することが可能になります。気付かないうちの泥ハネなど、自転車通勤時の汚れを防ぐためのカスタムパーツとしておすすめです。
BBB・ロードキャッチャーⅡ(リヤ用)
問合せ:ライトウェイプロダクツジャパン
自転車向け保険ならau損保