普段着で乗っても、おかしくはないですか?

シティーサイクル・ママチャリ等と称される、買い物かごやスタンド等が取り付けられている自転車は、
普段着で乗っている事が大半です。
それもその筈、日常生活の中で比較的近距離を、気軽に移動出来るように設計されているからにほかなりません。
ですから、普段着でも乗りやすい様にしているとも言えるでしょう。
その代わり、高速で長距離を移動する事を想定していません。
一方、ロードバイクはシティーサイクルと比較して、根本的に使用用途が異なります。
ロードバイクは高速で走る為に、不要であるカゴ・スタンド等をそぎ落とし、軽量化が図られています。
そして、服装も速度や距離に見合った物が開発されており、
理想としてはサイクルウェアを着用するのが望ましいでしょう。
基本的にはレースやスポーツ、長距離のツーリング等を想定して設計されているからです。
人にもよりますが、数十キロ程度以下の場合には、
カジュアルな服装で走行しているロードバイク乗りもいるので、余りこだわる事はないかもしれません。
別に可笑しくはないけど、動きやすい格好、ヘルメット、右足の裾巻き込み防止位はしとけばいいのではないでしょうか。
普通に走る分にはね。
例えば、ジーンズに半袖Tシャツというカジュアルなスタイルで乗っていても、それほど気にする事はありません。
但し、足にぴったりしたジーンズでない場合は、
足首に裾がチェーンリング等の油等で汚れたり、あるいは巻き込まれて落車する危険も考えられます。
ですから、少なくとも右足の足首をベルトで、しっかりと止める事をおすすめします。
とりあえず直ぐに調達したい場合は、100円ショップを当たってみると良いでしょう。
また、国道等の比較的車両の往来が激しい所を走る場合には、ヘルメットの着用を推奨します。
お洒落な色合いの物もあるので、女性向きのサイクルショップを訪ねてみるのも、良いかも知れません。
ヘルメットは実際にかぶらないと、微妙な大きさ等がわかりづらいので、
ネット通販では無く、リアルショップを利用した方が無難です。
カジュアルな格好でもOK

自転車通勤にレーパンは必要か?

ロードバイク乗りと言えば、街中を細いタイヤ・独特のドロップタイプハンドル、アイウェア、
更には身に纏った派手なレーパン姿という独特の光景です。
ロードバイクを本格的に始めたいとして、自転車は購入したものの、
特にあのレーパンスタイルに躊躇いを覚える人も多い様です。
しかし、あれは全て合理的な理由の上に作られた姿というのは、
ロードバイクに関心の薄い人には余り知られていません。
ここでは、自転車通勤という事も加味しながら調べて行きましょう。

レーパンとは?

レーサーパンツ
ビブショーツ型のレーサーパンツ
レーサーパンツとは、ジャージと同じく通気性が良く軽い素材(一般にはナイロンスパンデックス)で作られた自転車用下半身ジャージ。通称「レーパン」。
レーパンは下着(インナー)の上に重ねて身につける物であると勘違いされがちですが、
素肌に身につけるものです。
これは恥ずかしいからと言って重ね履きしてしまうと、
股擦れ等を起こしてしまう可能性があるので避ける必要があります。
レーパン

結論

・お尻の痛み暖和
・ズボンの傷み防止
以上の理由から、ロング丈レーパン + ハーフパンツで通勤、出社後着替えることにする。
最初は戸惑いますが、快適さになれたら、もう戻れません。

自転車通勤でロードバイクに乗りたい

自転車通勤が流行っていますが、スーツ着用の場合どうしたら良いか、考えてみましょう。
自転車通勤の距離や時間が長くなってくると、汗をかくようになってくるので、服装選びが非常に重要になってくる。普通の服でももちろん走ることができるが、汗が吸収されていくと不快にもなるし、夏などは30分も走って会社に着いた頃には服がびたびたになってしまい、そのまま、仕事することは不可能だ。これは寒い冬でも同じで、寒いから汗をかかないかと思いきや普通に汗をかく。そして冬なのに汗でびたびたの服での出社になり、また、寒い外気に触れると急激に体温が下がり、風邪をひきかねない。

では、どんな服装で自転車通勤をすれば良いのか。
給料を貰う形で働く人の場合、男性であればスーツが必須というのは、良くある事です。
それは社内規則に書かれている事が多いので、受け入れるしかありません。
しかし、昨今流行りの自転車通勤が許されており、ロードバイクで自宅から職場まで通う場合、
サイクリングウェアかそれに近い格好で通勤した方が良いでしょう。
余りルールにうるさくない会社であれば、
会社についてからロッカールームやトイレで着替えられるとベターと言えます。
ルールが厳しい会社であるなら、事前に着替えられるトイレ等の当たりを付けておくと何かとスムースです。

基本

・春・秋
ウインドブレーカーかたまにジャケット、Yシャツ、チノパン、防寒グローブ、防寒・汗速乾アンダーか汗速乾アンダー
・夏
半袖Yシャツ、チノパン(たまに膝まで捲ってるw)、指先無しグローブ、速乾アンダー
・冬
防寒自転車用ジャケット、Yシャツ、チノパン、防寒グローブ、防寒・汗速乾アンダー(上下)
普段の格好でそのまま自転車通勤を行えば、敷居も高くないので始めやすいデス!気を使うのはインナー(下着)を準備するといいでしょう!
上記はあくまでも一例ですが、だいたいこの様なイメージで良いでしょう。
一番問題になるのは、汗対策です。
夏は当然汗だくになる可能性が高く、冬でも東京等でやや暖かければ汗を掻く事もあります。
特に冬の場合は、フリースをインナーに着ていると、汗を掻いた後その汗で体を冷やしてしまいがちです。
ですから、速乾吸汗タイプのインナー・アウターを選ぶ事が大切です。

ワイシャツや革靴

リュック等に詰めて持ち運んでもよいでしょう。
また、ジャッケットは会社に予め置いておくと、便利です。

自転車通勤対応スラックスを、利用するという手もあります

ジテツウ本命のドレスパンツが登場
TOKYO Wheelsにはバイシクルスーツという自転車に特化した、セットアップのビジネススーツを展開しています。ですが、本日はパンツのみのご紹介ということで、TOKYO Wheelsブランドからは、今季本命のパンツをご紹介。(バイシクルスーツもぜひチェックしてくださいね!)
”New Napoli”は、Napoliのカジュアルな印象から、一見ウールのような上質な質感にすることでイメージを一新。かなりタイトだったシルエットも、ゆとりを持たせたほどよい細さにすることで、ビジネスにも全く問題のないドレッシーなパンツに仕上がりました。テーパードが脚をきれいに見せるだけでなく、チェーンの干渉も軽減。
ビジネスパンツの標準仕様でもある、ピスポケットのフラップなしの左ボタン止めというところも嬉しいですね。右上にはモバイルポケットも装備し、なにかと役立ちそう。
このパンツの大きなポイントは動きやすい!
360度、どの方向からもしっかり伸びる高い伸縮性が、ペダリングの際につっかかる感じがなくノンストレスなのです。それでいて生地の見た目にジャージっぽさがないので驚き。
変な光沢感もなく、程よい厚さが上質感を増しています。これなら冬まで愛用できる一本になりそう。
ジテツウして、そのままの格好でオフィスにて働くことも可能。シワもつきにくい素材なので、ライド中に変なシワがつくことなく、会社についてもきれいなままですよ。
スーツ姿でロードバイクに乗る場合、問題になる一要因として、スラックスの問題があります。
一般的なスラックスの場合、レーパンの様なパットを入れた特殊加工をしていませんから、
硬いサドルと擦れて傷みも早いと考えられます。
補修をしてくれる専門店等に持ち込めば対応してくれるかも知れませんが、
自転車通勤をする人の事を考え、作られた専用品を選んだ方が賢明です。