季節によって服装を変えるのは大切

自転車ではスピードもそこそこ出る為、風や寒さ、暑さを感じやすくなります。
春や秋は比較的快適に自転車に乗れる季節にはなりますが、風が強い日などもあります。
服装はスポーツウェアを着たり、自分のお気に入りのジャンパーを着たりしても良いでしょう。
夏は日差しが強い日はとても暑さを感じやすいので、清涼感のあるものを着ると良いでしょう。
熱いからとあまり肌を露出してしまうと日差しも強く紫外線のリスクもありますので、できれば隠すようにして日焼け止めも塗ると安心です。
冬はその方の走行距離やスピードによって暑さが変わってきますので、ウィンドブレーカーやジャンパーを2枚重ねてきて、汗ばんできたら1枚脱ぐようにすると良いですよ!

【男性】機能性高いファッションで固める

ジャケットを着る時には機能性が高いものを選ぶようにすると、自転車での通勤が楽になります。
特に防風性能や吸湿速乾性の高いものを選ぶと、多少汗をかいてしまったり風が強く寒さを感じたりしても苦痛に感じにくくなります。
さらにはタイツも履き、寒さの度合いに応じてはレッグウォーマーを履くと良いでしょう。
仕事の大切な道具が入っているリュックサックを背負う時には、暑さで汗をかきやすくなります。
背中の通気性が良くフィット感のあるリュックサックも販売しているので、購入して利用してみても良いです。

【男性】カジュアルでオシャレに通勤もできる

機能的な服装も良いですが、中にはあまりキメたようなファンションは苦手と感じている方もおられるでしょう。
カジュアルでオシャレな格好でも自転車通勤ができますので、どんな風にしたら良いか参考にしてみて下さい。
まずジャケットは通気性があるものや薄手のものでも、防風性があれば快適に走行できます。
タイツだけではなく、その上にニッカーパンツを合わせてみても良いでしょう。
それだけでも見た目がカジュアルになり、普段着のようなオシャレさが出てきます。
そしてバックもジャケットに合わせたメッセンジャーバッグを選ぶと、素敵な通勤スタイルが出来上がります。

【女性】勤務先によって使い分けを

会社では私服? 制服? スーツ? 会社に更衣室がある?
 勤務先の条件によってどんな対策をしていけばいいかをまとめてみました。


勤務中の服装は自由
パンツスタイルメインで自由な服装を楽しみましょう。
(更衣室がある場合、通勤時は本格的に自転車用の服装にすると更に快適に自転車を楽しむことができます。)
会社に
更衣室が有る
自転車に適した服装で通勤し、会社で着替えるのがベスト。
会社に
更衣室が無い
パンツスーツをメインにしましょう。
スーツは消耗品と割り切る必要があります。

【女性】サイクルウェアの活用もオススメ

空気抵抗の削減や、速乾性、防風性、保温性など、サイクリングを快適なものにするための工夫がなされた専用ウェアです。本格的なウェアだけでなく、気軽に着ることができるカジュアルなものもあり、いずれも女性らしい華やかなカラーリングのものが特徴的です。
サイクルウェアは上記の他に、前傾姿勢になった時に背中が出ない丈のものやお尻の部分にクッション性のあるパッドが付いているものもあります。
デザインも豊富で、ファッションを楽しみながら毎日好きなものを着て行っても良いですね!

会社に更衣室がない時の知恵!

女性でも男性でも、着替える場所がない時にはトイレの個室を使っても良いでしょう。
汗をかいた時は、着替えると気持ち良さや爽快感があります。
それに、汗で濡れた服装のままエアコンのきいたオフィスにいると風邪をひいてしまう可能性もあるので、着替えは持って行く方がよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

他にも天気や気温でも自転車通勤の時にはコンディションが変わってきますので、1枚予備のジャケットを持参して行っても良いですね。
服装を上手に工夫し、気持ち良く自転車通勤してくださいね!