猫のしつけ

“しつけ”とは愛犬、愛猫に人間社会で暮らしていくために必要なマナーを教えることです。つまり、問題行動が起こることを防ぐ大切なカギになります。
家の中ではトイレの場所、人や人の衣類をかじってはいけないこと、人を傷つけてはいけないこと、おもちゃを介して家族と遊ぶことなどを教えることになります。
犬のしつけはよく聞くことですが、猫のしつけはあまり聞きません。
猫は自分で色々と覚えていきますし、マイペースに生きていますよね。
ですが、猫の場合も一緒に生活する上で守ってもらいたい事があります。
守ってもらう為にはしつけが必要ですね。

猫のしつけ時期

猫は生後2週間から2ヶ月くらいの間に社会を覚えていくとされています。
この時期がとても重要で、色々な事を知ってもらう為にはこの時期を逃してはいけません。
とても可愛い時期ですが、心を鬼にしてダメな物はダメと教えましょう。

トイレのしつけ

猫のトイレのしつけは、基本的に母猫がいれば母猫が教えてくれます。
母猫がいない場合は人間が教えることになります。
猫は寝起き、食後、運動の後によく排便をする傾向があります。
また、床の臭いを嗅ぎまわる、床を引っかき続けるといった行動が見られたら、トイレサインです。
これらのタイミングで、すぐにトイレに連れて行くことを繰り返し行えば覚えてくれます。

コミュニケーション

小さい時期になるべくたくさんコミュニケーションを図っておくと、猫が嫌がりそうなことも任せてくれるようになってくれます。無理強いすると逆に言うことを聞いてくれなくなりますので、適切な接し方が大切です。
例えば、爪切りなども嫌がらなくなります。
爪切りをしたらほめてあげたり、おやつをあげたり、人間は怖くないうことを覚えてもらうことが大切ですね。
その為にもコミュニケーションは常に図っておきましょう。

猫のしつけ教室

講座

講座の応募条件は、「猫のために勉強したい」と思い、猫との暮らしについては、子猫でなくても、初めてでなくても、なんでもOKです。
開催日 : 毎月22日(※但し2017年2月は24日)
料金:4,000円 (2017年4月より5,000円)
時間:13時から(約3時間)
場所:Happy Catセミナールーム(練馬)

この講座は「猫に室内で元気で楽しく快適に暮らしてもらうための基礎知識」をお伝えするものです。
犬のしつけ教室はどんな場所にもあるのですが、猫のしつけ教室はあまり見つかりません。
そんな中、猫のしつけ教室を東京都内で開いてくれている方もいらっしゃいます。
近郊にお住まいの方で、猫のしつけに困っている方は利用されてはいかがでしょうか。

動物愛護センター

参加費無料!
動画をたくさん使った楽しい講習で、毎回大好評です。
猫との暮らしがもっと楽しくなりますよ!
猫の爪切り、ブラッシングの実演もします。
日時:平成29年3月12日(日)午後1時から3時まで
場所:新潟県動物愛護センター
   長岡市関原町1-2663-6(新潟県立歴史博物館向かいの丘の上です)
講師:新潟県動物愛護センター獣医師
内容:猫ってこんな動物です!
   猫の病気を防ぐには?
   猫と楽しく暮らすための知恵
   猫の問題行動と解決のヒント
猫の爪切りとブラッシングの実演
定員:40名(申込先着順)
動物愛護センターは各都道府県に設置されている公共施設です。
センターでは猫のしつけ教室などを無料で行っているところもあります。無料なのは有り難いことですよね。猫と共生していくために、愛護センターでも知っておいて欲しいことをアドバイスしてくれています。
猫を飼っている方で、時間のある方は参加するとためになりますよ。

猫と楽しく生活するためにもしつけは大切です。
ご自身で行えない範囲は、しつけ教室などで専門家に教えてもらうのが良いですよ。
その他には、動物病院でもしつけに関するアドバイスを受けることが出来ます。行きつけの動物病院を作って、担当の先生に聞いてみるのも良いですね。
猫のしつけ教室の情報を教えてくれるスマートフォンアプリもあります。
そんなアプリをダウンロードしてみるのも良いかもしれないですね。