ミニチュアダックスフンドとは?

もともとアナグマを獲ることを目的としていたものを、より小さいウサギなどの小動物を獲るために、もともとはスタンダードサイズのダックスフンドを小型化して、ミニチュアダックスフンドが作られたのです。

・寿命はどれくらい?

平均寿命は12~15年です。
ミニチュアダックスフンドのような小型犬は、大型犬よりも寿命が長いといわれています。

ミニチュアダックスフンドの性格は?

ミニチュアダックスは陽気で好奇心が強く、非常に活発です。やや頑固なところがありますが、賢く順応性が高いため、しつけや訓練は受け入れやすい性格です。
友好的な性格で人や犬が好きな子が多い。
活発だが落ち着いた性格で神経質や攻撃的にはあまりならない。
情熱的で一生懸命。
まっすぐで諦めない。負けず嫌い。
ミニチュアダックスフンドは、基本フレンドリーで可愛い性格です。
しかし、元々はアナグマなどを狩る猟犬で、自立心が強いところがありますので、可愛いからといってあまり甘やかしすぎないようにしましょう。
それ以外はとても活発で明るく、しつけがしやすい犬種なので室内でも飼いやすい犬種です。

特徴は?

ミニチュアダックスは、体長は体高の2倍の長さという短足胴長の体型で、垂れ耳で中くらいの長さのマズルを持つ小型犬です。
被毛はスムース(短い)、ロング(柔らかく長い)、ワイアー(硬毛で長い)の3種類です。
犬種標準のサイズは、 生後15カ月を経過した時点で測定し胸囲30~35cmとされています。

・被毛のカラーバリエーションは豊富

ミニチュアダックスフンドは、被毛の長さが3種類と豊富なだけでなく、被毛の色も本当にバリエーションに富んでいます。
有名な色では、ピュアクリームや明るいゴールドカラー、レッドカラーにチョコレート、シルバーダップル、ブラックタンなど様々な色があります。
これ以外にも素敵な色のミニチュアダックスフンドが多くいます。
これほど、多種多様なカラーが見られるというのも、この犬種の特徴です。
自分好みの被毛の長さやカラーが組み合わさったミニチュアダックスフンドを見つけることができます。

ミニチュアダックスフンドのしつけ方

ダックスフンドはとても賢く、一般的にはしつけのしやすい犬種
と言われています。
できる限り早期からしつけを始めましょう。
成犬になってからは、なかなか覚える事ができません。子犬の内に、人間がリーダーである事を覚えさせれば、成犬になっても必ず人間に従順になります。
ダックスフンドは家族にはとても甘えん坊ですが、ほかの犬や他人にはとても警戒心が強く、威嚇するために吠えることも少なからずあります。
ミニチュアダックスフンドのしつけは早めに始め、主従関係を作ることが大切です。
また、警戒すると吠えやすくなることがあるので、外の環境や、家族以外の人間、他の犬が危ないものではないということを少しずつ教えて行くことが大切です。
このトレーニングは、生後2ヶ月ぐらいから始めると効果が高いのでオススメです。
ミニチュアダックスフンドに限らず、多くの子犬は小さい頃からしつけをしかりと教え続ければ、ほとんどの子犬は覚える事ができるので、根気よく諦めずに行いましょう。

言うことを全く聞かない、教えても覚えてくれない、というワンちゃんは飼い主のしつけ方が間違っていたりすることがあります。
そんな時は、しつけのプロに相談をしてみると良いでしょう。

今回のまとめ

ミニチュアダックスフンドをしつける時は、できるだけ早く始めて、やってはいけないことや良いことを教えてあげましょう。
また、甘え上手な一面があるので、普段から甘やかしすぎないことが大切です。
元狩猟犬なので、運動をすることが好きなので散歩時間は十分にとってあげましょう。
しかし、体型のせいで椎間板ヘルニアなどにかかりやすいので、階段などの段差はできるだけ避けてあげてください。
ミニチュアダックスフンドは寿命が長いので、飼い主がしっかりしつけや健康管理をすることで、快適な生活を送れるようにしてあげると良いでしょう。